1998年 日本代表フォーメーション 4-2-2-2(4-4-2)

フランスワールドカップのアジア予選では、加茂監督と岡田監督で4-4-2と3-5-2を併用していました。当時はカズを中心としたチームであり、ワールドカップで選考から漏れるなどとは誰も予想しなかったでしょう。3-5-2と違い、サイドバックによる攻撃参加がサイドアタックの一つのパターンとなるため、攻撃時のサイドバックの裏がぽっかり開いたところが、システム上の弱点と言えるでしょう。しかしながら、韓国を除くアジア相手であれば、4-4-2でもそれなりに通用していました。

カズとFWの人選

このフォーメーションではカズ、中山を2トップとして記載していますが、他に城、呂比須、岡野の5人でFW枠を争っていました。私としては、5人全員をフランスワールドカップに連れて行くべきだったと今でも思います。 コンディション不足、あるいはスランプを理由にカズが外されてしまったことは、いくら名将岡田監督とはいえ、戦力的にもチーム構築でもメンタル管理においても失敗だったと思います。

北澤の運動量

北澤は当時の日本代表では、ダイナモと評されているほど無尽蔵のスタミナでボールを追いかけていました。攻守ともに運動量があるため、起用にはリスクは少なかったと言えるでしょう。 また、ミドルシュートにも定評があり、当時のヴェルディ川崎でもミドルレンジからのシュートを得意としていました。北澤をオフェンシブハーフまたはボランチとして起用する点は、この4-4-2システムの特徴と言えるでしょう。

スポンサードリンク